科研費等公的研究費

研究助成情報

各省庁等公的機関による助成民間の助成機関による助成 その他(講演・セミナーなど)(8/2更新)
※上記リンク先へ移動する場合には右クリックして「開く」ボタンをクリックしてください。

終了した募集【2018年度】

応募について

外部資金や、助成金への応募するにあたり、関東学院大学による承認(e-Radによる機関承認、
大学長の押印が必要なもの)または採択後に本学と契約締結、研究経費の管理などを行うものに
ついては、応募する前に研究推進課 担当者(内線:4637,4627,4636,4628)
メール:kenkyu@kanto-gakuin.ac.jp 宛にご連絡ください。



■各省庁等公的機関による助成

掲載日

配分機関

種別

課題名等

募集期間

要綱・問合せ先・URL等

NEW!
2019/7/19

農林水産省農林水産政策研究所 

研究助成

農林水産省農林水産政策研究所 
農林水産政策科学研究委託事業研究課題公募のお知らせ
【研究テーマ】
以下の研究テーマに即したもので、具体的な研究課題の提案を募集します。
テーマ:日本の食品産業の海外展開に関する研究
【研究期間】3年間(予定)
【研究費】1課題・単年度当たり850万円程度(間接経費を含む)

令和元年7月10日(水)~8月21日(水)12:00

詳細は
こちら

NEW!
2019/7/12

日本学術振興会

学位取得支援

日本学術振興会 論文博士号取得希望者に対する支援事業
令和2年度分募集のお知らせ
【趣旨】日本学術振興会は、アジア・アフリカ諸国等の大学等学術研究機関に所属している研究者に対し、我が国の大学において、大学院の課程によらず、学位規則(昭和28年文部省令第9号)の規定に基づく論文提出によって博士の学位を取得することを支援する事業(いわゆるRONPAKU)を実施します。
【対象分野】人文学、社会科学及び自然科学の全分野
【採用予定数】9名程度

令和元年8月19日(月)~8月23日(金)必着

詳細は
こちら


2019/6/7

日本学術振興会 

国際交流事業の公募

日本学術振興会 国際交流事業の新規公募について
【募集事業】
・二国間交流事業(共同研究・セミナー)(令和2年度) https://www.jsps.go.jp/j-bilat/semina/shinsei_bosyu.html
・特定国派遣研究者(令和2年度)
https://www.jsps.go.jp/j-bilat/tokuteikoku/shinsei_bosyu.html
・国際共同研究事業欧州との社会科学分野における国際共同研究プログラム(令和2年度)
https://www.jsps.go.jp/j-bottom/02_f_sinsei.html
※応募する場合には締切の1ヶ月前までに研究推進課へご連絡ください。


2019/1/25

日本学術振興会

外国人招へい

日本学術振興会 2019年度外国人研究者招へい事業のご案内
【事業概要】
外国人研究者招へい事業は、諸外国の優秀な研究者を招へいし、我が国の研究者との共同研究、討議、意見交換等を行う機会を提供することにより、外国人研究者の研究の進展を支援すると同時に、外国人研究者との研究協力関係を通じて、我が国の学術研究の推進及び国際化の進展を図ることを目的とした事業です。
※各種事業はURLにてご確認ください。ホームページにて募集のパンフレットも閲覧できます.

詳細は
こちら




■民間の助成機関

助成財団等の助成金情報は(公財)助成財団センターHPからも検索できます。
http://www.jfc.or.jp/grant-search/guide/  

掲載日

配分機関

種別

課題名等

募集期間

要綱・問合せ先・URL等

NEW!
2019/8/2

(公財)ニッポンハム食の未来財団

研究助成

(公財)ニッポンハム食の未来財団
2020年度研究助成のご案内
【対象研究】
1、食物アレルギー対応食品に関する研究
2、食物アレルギーの予防に関する研究
3、食物アレルギーの診断・治療に関する研究
4、食物アレルギーに関する工場内等での衛生管理に関する研究
5、食物アレルギーに関するその他研究(社会科学的な研究を含む)
※特に1、2の応募を歓迎いたします。
【区分・件数】
・共同研究 上限600万円×5件(予定)
・個人研究 上限200万円×15件(予定)

9月30日(月)消印有効

詳細は
こちら

NEW!
2019/7/25

(公財)中山隼雄化学技術文化財団

研究助成

(公財)中山隼雄化学技術文化財団
調査研究並びに助成研究のご案内
●調査研究
【研究課題】
以下の研究課題から任意の1 件を選び、調査研究の課題としてください。
① プログラミング的思考力育成ゲーム
② 生活のゲームデザイン
【研究費】700万円以内
●研究助成
【助成対象】
(1)助成研究A ゲームの分野の研究
①重点研究:サステナビリティにつながるゲーム
②基礎的・基盤的研究:ゲームに関する各種研究
(2)助成研究B 「人間と遊び」に関する各種研究
(3)国際交流(参加)遊び・ゲームに関する国際会議等への参加
【助成金額】
(1)2,800万円以内
(2)840万円以内
(3)112万円以内(対象は2019年12月1日~2020年5月31日に開催される国際会議)

2019年10月15日

詳細は
こちら

NEW!
2019/7/19

(一財)ポリウレタン国際技術振興財団

(一財)ポリウレタン国際技術振興財団
第5回(令和元年度)研究助成募集要項)
【趣旨】
ポリウレタンに関する新技術・ポリウレタンの地球環境への負荷低減等人類のポリウレタンの活用の拡大に寄与する研究・開発を行う研究機関や個人に対し研究助成を行い、我が国学術の向上発展に寄与しようとするものであります。
【研究分野】
ポリウレタンを主体とする高分子化学及びこれと関連する分野の基礎研究、応用研究及び開発研究並びに化学、物理、機械、電気などの学際的研究。
【助成金額】
研究助成 1研究開発100万円
6件程度を選考します。

令和元年9月30日

詳細は
こちら

NEW!
2019/7/19

(公財)日本教育公務員弘済会

研究助成

(公財)日本教育公務員弘済会
令和2年度日教弘本部奨励金公募のご案内
【概要】
日教弘本部奨励金は、日教弘本部及び各都道府県支部において、教育の向上発展に重要であり、特色ある研究や継続的な活動に対して奨励し助成を行う事業です。
【趣旨】
次年度(令和2年度)に行う、初等中等教育及び幼児教育の向上発展に寄与する全国規模の有益な研究・活動等に助成します。
【助成金額】1件あたり100万円以内

令和元年6月1日(土)~令和元年9月30日(月)

詳細は
こちら

NEW!
2019/7/12

(公財)NEC C&C財団

論文助成

(公財)NEC C&C財団
2019年度後期 国際会議論文発表者助成候補者募集のご案内
【助成内容】
海外で開催される国際会議において、C&C技術分野、即ち情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術およびこれらの技術が融合する技術分野に関する論文発表などを行う研究者に対し、その会議出席のための費用を補助します。(渡航費、参加費、他関連費に充当可)
【発表論文の内容】
C&C(Computers & Communications)分野、及びその関連技術とします。
【助成の概要】
1件当たりの助成額:12~5万円、開催地などによる。旅費、会議参加費、宿泊費、他関連費に充当可。

2019年8月30日(金)

E-Mail必着(郵送は不可)

詳細は
こちら


2019/7/10

(公財)博報児童教育振興会

研究助成

(公財)博報児童教育振興会
第15回 児童教育実践についての研究助成のご案内
【対象となる研究】
「ことばの力」を育む研究
・国語・日本語教育の諸分野における研究
・あらゆる学びの場におけることばの教育に関する研究
児童教育実践の質を向上させる研究
・多様な場における教育実践の質を向上させる研究
【助成金額】
1ヵ年助成:1件につき200万円を限度に助成します。
2ヵ年助成:1件につき300万円を限度に助成します。

2019年7月1日(月)~10月31日(木)

詳細は
こちら


2019/7/5

(公財)江野科学振興財団

研究助成

(公財)江野科学振興財団
第31回(2019年度)研究助成募集のご案内
【趣旨】ゴム・高分子及びこれと関連する分野の研究について、化学、物理、機械、電気等の学問的領域と接する学際的研究に対し研究費助成を行い、我が国学術の向上進展に寄与しようとするものであります。
【助成金額】助成金額総額は900万円以内

2019年7月1日~2019年9月30日(消印有効)

詳細は
こちら


2019/7/2

(公財)科学技術融合振興財団

研究助成

( 公財)科学技術融合振興財団
2019年度 助成金・補助金応募のご案内
1、研究助成
【課題】
課題A:
シミュレーション&ゲーミングに関する調査研究
課題B:
①情報技術、ネットワーク技術を応用したシミュレーション&ゲーミングによる学習用ソフトウェアの試作(学習用ソフトウェアを通じて行う青少年科学技術啓発活動)
②社会に役立つシリアスゲームの調査研究
【助成件数】15~20件
【助成金額】総額1,400万円
2、補助金
【課題】
課題C: シミュレーション&ゲーミングの先進的独創的な手法の研究
【対象】若手研究者(大学院生・助手等)を対象とする
【件数】15~20件
【金額】総額300万円
※課題の趣旨から研究課題AまたはBとの併願は避けてください。また、本財団の助成実績のある方は、課題AまたはBにご応募ください。

2019年10月15日(火)

詳細は
こちら


2019/6/28

(公財)加藤記念バイオサイエンス振興財団

研究助成

◆第31回(2019年度)加藤記念研究助成募集のお知らせ
【研究領域・課題】
(1)M分野「メディカルサイエンス分野」
医薬・医療への応用を念頭に行う基礎的研究。及びヒトを含む哺乳動物等を対象とした生物学的基礎研究もM分野に含める。
(2)B分野「バイオテクノロジー分野」
生物材料や生物機能を利用し、物質生産、有用物質探索、環境関連、汎用技術の開発・応用等を念頭に行う研究
(3)E分野「環境バイオ分野(奨励研究)」
持続可能な開発目標(SDGs)への貢献が期待される、バイオテクノロジーを活用した環境関連研究のうち基礎的研究
【助成金額】
M分野及びB分野
1件当たり200万円、23件程度。2分野の助成割合は応募者比率を考慮する
E分野(奨励研究)
1件当たり100万円、4件程度

2019年7月1日(月)~9月30日(月)

詳細は
こちら


2019/6/27

(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団

研究助成

(公財)鈴木謙三記念医科学応用研究財団
令和元年度調査研究助成募集のご案内
【助成課題】
課題1:より豊かな生活に貢献する医療技術に関する研究
(1)日常身体活動・機能の非侵襲的な測定装置の開発
(2)QOLの向上を目指した医療技術の開発
課題2:生活習慣病における医学、薬学の萌芽的研究
(1)病態の解明と病態モデルの開発
(2)生理活性物質と創薬に関する研究
【助成金額】
(1)課題1:1件につき500万円以下とします。
(2)課題2:1件につき300万円以下とします。

所属機関長の推薦を経て、令和元年7月1日から7月31日(当日消印有効)までに申請書を提出。

詳細は
こちら


2019/6/21

(公財)中冨健康科学振興財団

研究助成

(公財)中冨健康科学振興財団
令和元年度(第32回)研究助成金・留学助成金・
国際交流助成金等募集要項
【助成の趣旨】
下記の研究を助成し、国民の健康の維持・増進を図り、もって活力ある豊かな経済社会の実現に寄与することを目的とする。
(1)健康の維持・増進に関する医学的・薬学的研究
(2)運動を主体とする健康増進に関する科学の研究
【助成金額】
総額9,000万円…1件につき150万円を基準とする。
【募集期間】令和元年7月1日~9月30日

令和元年7月1日~9月30日

詳細は
こちら


2019/6/21

(公財)全国銀行学術研究振興財団

研究助成

(公財)全国銀行学術研究振興財団
2019年度学術研究助成事業募集のご案内
【研究分野】
経済・金融およびこれらに関する法制に係る研究。具体的には経済分野では、経済理論、経済統計学、経済政策、経済史、財政学、金融論及びこれらに準ずるもの。
法律分野では、民法、商法、経済法、その他の金融・経済に関する法律。
【助成金額】
1件100万円以内。
共同研究は1件150万円以内。助成総額は2,500万円程度(2018年度実績34件、2,685万円)。

7月1日(月)~9月20日(金)(必着)まで

詳細は
こちら


2019/6/21

パワーアカデミー

研究助成

2019 年度 パワーアカデミー研究助成のご案内
【募集内容】
①特別推進研究
パワーアカデミー研究マップに関連した独創的、先駆的、かつ、大学・高等専門学校間の連携を通じて電気工学分野への波及効果が期待できる研究
②萌芽研究(個人型/チーム型協同研究/博士課程学生枠)
パワーアカデミー研究マップに関連した電気工学分野の将来展開を見据えた研究
【助成金額】
①1,000万円程度  ②上限100万円/人

2019年8月23日(金)15:00

詳細は
こちら


2019/6/21

(公財)ニッセイ財団

研究助成

(公財)ニッセイ財団 児童・少年の健全育成
実践的研究助成公募予告のご案内
【助成内容】
第1分野 健全育成のための教育、周到な準備を図る分野
第2分野 健全育成にとって喫緊の対応を要する分野
【助成期間】
①2020年8月から2年
②2020年8月から1年
【助成金額】
①最大400万(1年最大200万)
②最大100万
【助成予定件数】
①4件 ②12件程度

2020年3月16日(金)消印有効

詳細は
こちら

※2019年10月に募集要項、申請書等をホームページに掲載予定。


2019/6/14

(公財)天田財団

研究助成

(公財)天田財団 2019年度助成募集
【助成分野】塑性加工レーザープロセッシング
【助成内容】研究開発助成・国際交流促進助成
【応募資格】国内の大学・高専・学協会等の研究者
【助成総額】2億7,500万円

2019年6月10日(月)~7月31日(水)

詳細は
こちら


2019/6/14

(公財)上廣倫理財団

研究助成

(公財)上廣倫理財団 令和元年度研究助成公募のご案内
【助成対象研究】
(1) 人間の「生命」や「生き方」、社会における「共生」に関する哲学、倫理学、教育学、心理学等、人文社会科学分野からの研究
(2) 現代の倫理的課題に関する実態研究及び調査
(3) 学校における倫理教育・道徳教育に関する研究
【助成金額】
助成金額A=60万円(上限)、助成金額B=100万円(上限)
また、助成受給の次年度の継続も可能です。ただし再審査が必要となります。(継続助成は、再審査の上、決定します。A・Bの区別にかかわらず1年間で上限60万円)

令和元年6月1日(土)~9月2日(月):必着

詳細は
こちら


2019/6/14

(一財)全国勤労者福祉・共済振興協会

研究助成

(一財)全国勤労者福祉・共済振興協会
公募委託調査研究に関するご案内
【募集のメインテーマ】
「ともに支えあう社会をめざして」
以下の(1)~(3)いずれかの視点からアプローチ(考察)する調査研究を公募します。
(1)共済・保険等の果たす役割
(2)協同組合・相互扶助組織の果たす役割
(3)社会保障が勤労者福祉に果たす役割
【研究費用と採用件数】
1件あたり100万円を上限とし、採用件数は3件以内とします。

2019年6月1日(土)~2019年8月30日(金)17時(必着)

詳細は
こちら


2019/6/7

(公財)中島記念国際交流財団 

研究助成他

(公財)中島記念国際交流財団 
令和2年度日本人海外留学奨学生及び日本人若手研究者研究助成金の募集についてのご案内
 ●日本人海外留学奨学生募集要項
【目 的】
海外の大学院に留学する日本人(学生)に対する奨学援助を通じて、今後の世界にとり必要性の高い分野において人材の育成を図ることを目的とします。
【対象分野】(1)情報科学 (2)生命科学 (3)経営科学 
【採用予定数】約10名
 ● 日本人若手研究者研究助成金募集要項
【目 的】
優れた日本人若手研究者に対して研究助成を行い、学術の振興に寄与することを目的とします。
【対象分野】
対象分野は、次に掲げる研究分野とし、原則として一人で行う研究であって、将来の発展が期待できる研究を対象とします。
(1)情報科学
(2)生命科学
【助成金額】
(1)一件当たりの助成金は、500万円以内です。総額は、5千万円以内とします。

令和元年8月1日(木)~8月23日(金)

詳細は
こちら


2019/6/4

(一財)ホーユー科学財団

研究助成

(一財)ホーユー科学財団 2020年度研究助成募集のご案内
【助成分野】
毛髪科学・皮膚科学・薬理学・染色化学の4 分野において、化粧品・医薬部外品の発展・進歩に寄与し、将来的に化粧品・医薬部外品の人体への安全性向上に繋がる先駆的・独創的な研究に助成することを目的としています。
1)毛髪科学
2)皮膚科学
3)薬理学
4)染色化学
【助成金額】
1件50万円※理事会にて特に評価された場合に限り100万円

2019年7月1日~2019年9月30日

詳細は
こちら


2019/6/4

(公財)人口知能研究振興財団

研究助成

(公財)人口知能研究振興財団
第30回令和元年度 人口知能研究助成のご案内
【研究対象テーマ】
人工知能及び関連技術分野(人工知能を活用した情報処理技術、情報通信技術等)の高度化に関する調査、研究及び開発(以下、「研究」という。)であって、次の各号に掲げるものとします。
(1) 産業・環境分野における技術高度化並びに生産性改善のための人工知能及びその利用技術に関する研究
(2) 医療・介護・教育・経済・法律等の知的支援に関する研究
(3) ヒューマンインタフェース、エンタテインメント、感性情報処理の高度化に関する研究
(4) ロボットの感覚・運動・思考・知能・感情・インタラクション等に関する研究
(5) インターネット、モバイルシステムの知的で安全な利用法に関する研究(6) その他、人工知能の基礎及びその利用技術等に関する研究【助成金額】1テーマにつき、100万円を限度とします。

令和元年7月1日~同年9月30日(必着)

詳細は
こちら


2019/5/31

(公財)浦上食品・食文化振興財団

研究助成

(公財)浦上食品・食文化振興財団
【募集概要】当財団では、例年のとおり「食品に関する学術研究助成事業」を実施します。
【助成金額】1件あたり300万円以内

2019年6月1日~2019年7月10日

詳細は
こちら


2019/5/27

(公財)生協総合研究所

研究助成

(公財)生協総合研究所
第17回(2019年度)生協総研賞「助成事業」募集のご案内
【概 要】
生協総研賞「助成事業」とは、人々のくらしをめぐる研究の発展と、生活協同組合運動に関する研究の発展を目的とするものです。本年も、みなさまのご応募をおまちしております。
【研究対象】
・生活協同組合の今日的な課題及び事業・組合員活動に関する実践的な研究
・くらしの実態に関する経済的、社会的、歴史的視点等からの研究
・消費社会及び消費者組織、社会運動に関する研究
・地域社会、社会政策、福祉政策・事業、地球環境等に関する研究
・大規模災害後の被災地域が直面している課題に関する研究
【助成金額】
選考委員会によって助成が妥当と判断された研究企画に対して、申請額の全額ないし一部を助成します。助成金は、総額300万円を上限とし、個人研究は1件30万円以内、共同研究は1件50万円以内といたします。

2019年7月31日(水)
※メールでの提出が必要です。

詳細は
こちら


2019/5/24

(公財)中谷医工計測技術振興財団

賞候補推薦・研究助成

(公財)中谷医工計測技術振興財団
令和元年度 研究助成金募集のお知らせ
【概  要】
医工計測技術の広汎な発展を推進し、我が国ならびに国際社会の発展および生活の向上に寄与することを目的として、助成の対象となる研究題目を公募して助成事業を行っております。
【募集の種類】
1、技術開発研究助成の募集
(開発研究 1件最大400万円)20件程度
(奨励研究 1件最大200万円)40件程度
2、技術開発研究助成(特別研究)の募集 
(2年間で最大3,000万円)3件程度
3、中谷賞候補者推薦の募集
(賞金総額1,000万円)
4、調査研究助成募集(2年間で最大300万円)5件程度
(2年間で最大300万円)5件程度

2019年6月1日(土)~7月31日(水)24:00

詳細は
こちら


2019/5/14

(公財)味の素食の文化センター

研究助成

(公財)味の素食の文化センター
2019年度「食の文化研究助成」募集のご案内
【助成対象】
①食の文化に関わる研究を対象とします。人文・社会科学の研究に限らず、自然科学分野で食の文化に関する研究(但し、食品や医薬品などの開発を目的とするものは除く。)も含めます。
②特に、食の文化に関する認識や研究活動に新たな広がりや深みをもたらすことが期待される研究を優先的に対象とします。
【助成期間】
2020年度(2020年4月~2021年3月)の1年間
【助成金額】
助成1件当たり100万円程度として、具体的には研究の規模、内容等を勘案して決定します。(総額700万円程度)

2019年7月1日~2019年8月30日まで

詳細は
こちら


2019/4/18

(公財)NSKメカトロニクス技術高度化財団

研究助成他

(公財)NSKメカトロニクス技術高度化財団
2019年研究開発、技術教育、研究会への助成募集のお知らせ

【募集対象】
(1)研究開発への助成(1件200万円を限度、年間15件前後)(2)技術教育への助成(A助成:1件250万円、B助成:1件50万円を限度、それぞれ年間4件前後)
(3)技術交流への助成 ※当分の間事業を中断
(4)研究会への助成(1件50万円を限度)
【応募締切】
・研究開発助成及び技術教育助成の締切
2019年11月5日(火)
・研究会助成の締切
前期:2019年6月28日(金)
後期:2019年12月20日(金)

【詳細URL】http://www.nskfam.or.jp/

詳細は
こちら


2019/4/8

(公財)八洲環境技術振興財団 

研究助成ほか

(公財)八洲環境技術振興財団 
①研究開発・調査に対する助成
【助成概要】環境技術分野における基礎的な技術に関する下記の研究課題について、研究に従事しているか、または具体的に研究着手の段階にあり、2~3年以内に研究の成果が期待されるものとします。
【助成内容】原則として、助成件数は毎年15件程度、
1件あたりの助成金額は100万円です。
【助成対象】日本の大学等(高等専門学校を含む)の研究機関に従事する研究者またはグループの代表者とします。
②国際会議・研究発表会等の参加および
シンポジウム等の開催助成
【概 要】環境負荷低減、環境保全等の環境に関する技術の普及・啓発を目的としたシンポジウム・講演会等の参加、開催を支援します。
【助成内容】原則として、助成件数は毎年10件程度、
1件あたりの助成金額は最大20万円です。
【助成対象】日本の大学等(高等専門学校を含む)の研究機関に従事する研究者とします。


8月1日~10月31日


第Ⅰ期 
4月10日~
6月10日

第Ⅱ期 
10月10日

12月10日

詳細は
こちら


2019/4/4

(公財)井上科学振興財団

賞候補者推薦

(公財)井上科学振興財団
第36回 井上研究奨励賞受賞候補者の推薦のご案内
【対 象】
2016年4月1日~2019年3月31日(2016年度~2018年度)の過去3年間に、理工・工学・医学・薬学・農学等の自然科学の基礎的研究において、新しい領域を開拓する可能性のある優れた博士論文を提出し、博士の学位を取得した研究者で、2019年9月20日現在の年齢が37歳未満の者。
【研究奨励賞】本賞:賞状及び銅メダル 副賞:50万円
受賞予定件数は40件
【推薦者】原則として、博士論文の作成を指導した研究者とする。

2019年9月20日

詳細は
こちら


2019/3/29

(公財)藤原科学財団

セミナー開催助成

(公財)藤原科学財団
2020~2021年開催 藤原セミナー募集のご案内
【趣  旨】
藤原科学財団は、科学技術の振興に寄与することを目的として、2020年~2021年の間に「藤原セミナー」の開催を希望する研究者から、下記募集要項に基づいて申請を受け付けます。申請された案件について専攻を行い、採択されたものに対してセミナー開催に必要な経費を援助いたします。
【対象分野】
自然科学の全分野
【応募資格】
わが国の大学等学術研究機関に所属する常勤の研究者
【開催件数】
2件以内

2019年4月1日(月)~同年7月31日(水)(必着)

詳細は
こちら




■その他 お知らせ

掲載日

配分機関

種別

課題名等

募集期間

要綱・問合せ先・URL等


2019/7/2

人間文化研究機構

プロジェクト公募

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構
総合地球環境学研究所研究プロジェクトの新規公募のご案内
【公募する研究プロジェクト】
総合地球環境学に関する実践プロジェクト(フルリサーチ)(5千万円が上限/年×3~5年)につながるインキュベーション研究(IS)(50万円/半年)及び予備研究(FS)(200万円/半年)を公募します。
【申請者】国、公、市立大学等の教授、准教授、講師及び助教又は左と同等またはそれ以上の研究能力があると地球研所長が認めた者

2019(令和元)年8月19日(月)電子ファイル必着

詳細は
こちら


2019/6/27

日本学術振興会

参加者募集

日本学術振興会 第12回HOPEミーティング参加者募集について
【開催日】令和2年(2020年)3月9日(月)~13日(金)
※3月8日(日):受付及びオリエンテーション(予定)
【開催地】茨城県つくば市(予定)
【参加者】
日本国内から約25名
(その他、アジア・太平洋・アフリカ地域から約75名)
【申請資格】
大学院博士課程(後期)在籍者及び博士学位取得後5年未満の
若手研究者

令和元年(2019年)8月8日(木)17:00

詳細は
こちら


2019/6/21

金沢大学学際科実験センター

教育プログラム

金沢大学学際科実験センター 
令和元年度現代の研究・教育・社会に相応しい放射線・放射性核種等の
安全利用検討会
(令和元年度分子イメージングに関する教育プログラム)開催のお知らせ
【日程】
令和元年9月19日(木)~20日(金)
【会場】
金沢大学学際科学実験センター・アイソトープ総合研究施設
小動物実験室及び分子イメージング室他
情報交換会:4,000円(会場:未定)
【定員】10名

令和元年7月26日(木)必着

詳細は
こちら


2019/4/22

(公財)昭和大学医学・医療振興財団

賞候補者推薦

(公財)昭和大学医学・医療振興財団 2019年度顕彰
第6回昭和上條医療賞募集
【顕彰対象】
(1)地域保健医療貢献部門
地域保健医療の質向上および国民の健康増進に貢献した幅広い地域の公益性の高い活動
(2)医療人育成部門
医療人育成において優れた成果を挙げた独創的・革新的な活動
【表 彰】受賞者は全体で3件以内とし、表彰します。(副賞100万円/件)【授賞式】2019年12月16日(月)(受賞者、推薦者は出席のこと)

2019年9月30日(月)必着

詳細は
こちら


2019/3/29

(一財)知的財産研究教育財団

国家試験

(一財)知的財産研究教育財団
国家試験「知的財産管理技能検定」のご案内
第33回試験日 2019年 7月21日(日)申込受付中(個人Web申込:2019年6月12日まで)
第34回試験日 2019年11月17日(日)
第35回試験日 2020年 3月15日(日)

詳細は
こちら


2019/1/15

自然科学研究機構国立天文台

研究員受入

自然科学研究機構国立天文台
2019年特別共同利用研究員(受託院生)の受入れのご案内
【概要】
国立天文台は、大学共同利用機関として広く天文学及びこれに関連する分野における研究者の共同利用に供されるとともに、国、公、私立大学の要請に応じて大学院教育に協力するため、学生の研究指導を行っています。
【応募資格】
大学院に在学し、天文学及びこれに関連する分野を専攻する者
【受入期間】
原則として2019年4月から1年以内、又は2019年10月から6ヶ月以内とする。ただし、必要に応じて、上記以外の時期からの受入ならびに受入期間の延長を認めることがある。なお、修士課程の学生は通算1年を限度とする。

4月からの受入2019年2月28日(木)まで

10月からの受入2019年8月30日(金)まで

詳細は
こちら


2018/10/19

(公財)パブリックヘルスリサーチセンター

研究論文募集

(公財)パブリックヘルスリサーチセンター
ストレス科学研究論文募集のお知らせ
【投稿資格】
ストレス研究に携わる大学院生、研究者、大学教員、医師、専門職等の方々
【締  切】
なし
【論文種別】
①原著論文 ②症例研究 ③総説 ④短報 ⑤資料
【掲  載】
全ての採用論文をJ-STAGEで早期公開。冊子(年1回発行予定)にも、採用論文を掲載

通年

詳細は
こちら

2019/1/11

米国社会科学研究評議会(SSRC)

研究助成

米国社会科学研究評議会(SSRC) 
2019年安倍フェローシップ・プログラム
個人研究プロジェクト公募のご案内
【趣 旨】
本プログラムは、現代の地球的な政策課題で、緊要な取組の必要とされる問題に関する、学際的、国際的な調査研究の増進を目的としています。
【研究課題】
(1)個人・社会・国際的な安全保障に対する脅威
(2)成長と持続的な発展
(3)社会・科学・文化のトレンドと変容
(4)ガバナンス、エンパワーメントと市民参加

毎年9月1日

詳細は
こちら

PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
Copyright Kanto Gakuin All rights reserved.