科研費

科学研究費助成事業(科研費)

| 科研費について | 科研費の応募 | 科研費の各種申請 | 科研費の執行(様式集・マニュアル) |
| 科研費Pro | 科研費電子申請システム |


平成31年度分「支払請求書(様式F-2)」の提出(送信)について




【提出要領】

1、 科研費電子申請システムにログインし「平成31年度支払予定額一覧」(別途メールにて添付)、「科研費電子申請システム研究者向け操作手引き」、「作成上の注意」をご参照の上、下記期日までに支払請求書(様式F-2)を作成、送信してください。


 
    〈学内提出期日〉平成31年2月15日(金)午前 厳守

   〈留意事項〉
      
  • ・メールで添付された「平成31年度支払予定額一覧(基金)」の内容が、最新の課題情報と異なる場合は研究推進課までご連絡ください。

  •   
  • ・請求(予定)額を、添付の「平成31年度支払予定額一覧(基金)」から変更する場合は、変更後の交付(予定)額、変更後の研究実施計画を入力してください。

     なお、後年度の予定額の一部を前倒しして平成31年度に請求を行う場合は、「前倒し支払請求の必要性、前倒しを求める背景」欄、「後年度の交付予定額を減額しても研究目的を達成できる理由」欄それぞれについて具体的に記入してください。

  •       
  • ・研究計画の進捗状況により、平成31年度の支払請求を必要としない場合(平成31年度の支払請求額が0円)であっても、平成30年度未使用見込額や平成31年度のエフォート、所要額、役割分担、変更後の請求(予定)額、研究実施計画について記載が必要なため、必ず支払い請求書を提出してください。

  •       
  • ・今後、他大学等への転出、補助事業の廃止等の予定がある方は、研究推進課までお知らせください。

  •   
  • ・研究分担者の追加・削除等を予定されている場合は、「研究分担者変更承認申請書(様式F-9-1)」の提出が別途必要です。削除予定の研究者がいる場合は、支払請求書の「所要額、請求額」には「0」を入力し、役割分担等に「削除予定」と入力してください。

     また、今後研究分担者を追加する場合には研究分担者承諾書を必ず徴収し、研究推進課にご提出ください。
   

2、 研究推進課で取りまとめて日本学術振興会に提出します。(紙媒体で提出する必要はございません)




以上、ご不明な点がございましたら、研究推進課までお問い合わせください。 どうぞよろしくお願いいたします。
PAGE TOP
〒236-8501 横浜市金沢区六浦東1-50-1
Copyright Kanto Gakuin All rights reserved.