「2012年度関東学院大学戦略的プロジェクト研究中間報告会」を開催しました

投稿日時 2012-11-29 10:10:00 | トピック: 総合研究推進機構


11月27日(火)、金沢八景キャンパスフォーサイト21にて
「2012年度関東学院大学戦略的プロジェクト研究中間報告会」を開催しました。
2010年度の募集から今年度までに採択された下記9つの研究課題について
これまでの成果が報告され、教職員、学生ともに興味深く聞き入りました。
 →プログラムはこちら
 
        学長挨拶

   【研究課題・研究代表者名(課題名をクリックすると予稿(PDF)が表示されます)】(採択年度順)



「ポストモダンのもとでの新たな公共による地域政策に関する研究」
【研究代表】経済学部:大住莊四郎





   
「21世紀における日中韓とアセアン地域【東アジア・東南アジア】
の安全保障に関する研究」
【研究代表】経済学部:清晌一郎





「地域における次世代を担う子どもを育む創造的アプローチ
に関する研究」
【研究代表】工学部:中津秀之





「天然繊維強化プラスチックからの臭い軽減方法の開発」
【研究代表】人間環境学部:佐野慶一郎





      
「戦略的映像作品の制作〜コミュニケーション能力向上教育の
拠点作りのために〜」
【研究代表】人間環境学部:楠勝範





「有向ネットワークによる消費者知識分析−参入順位別の
マーケティング戦略の検討」
【研究代表】経済学部:佐藤志乃




「東日本震災で我々はどのように行動したか〜神奈川における
「システム」と私たちの「できること」を考える〜
(東日本大震災による被災復興に向けた研究プロジェクト)」
【研究代表】学長 大野功一
【研究代表幹事】工学部:規矩大義、経済学部:大住莊四郎




「関東学院大学の建学の精神、教育観、奉仕教育観、
及びその実践に関する研究」
【研究代表】人間環境学部:所澤 保孝





「細野文書」に関する史料学的基礎研究
【研究代表】経済学部:林博史





関東学院大学 総合研究推進機構にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://kguramo.kanto-gakuin.ac.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://kguramo.kanto-gakuin.ac.jp/article.php?storyid=72