投稿者: kguramo 投稿日時: 2017-8-22 15:23:00 (96 ヒット)



8月7日(月)ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI「病気別の食事を考えた自分カルテ作り'17:人形のおなかを見てさわってきいてみよう」を開催しました。
このイベントは独立行政法人日本学術振興会からの委託で、科学研究費助成事業(科研費)の研究成果の社会還元・普及事業として、最新の研究成果を体験・実験・講演を通じて、小・中学生・高校生にわかりやすく紹介する事業です。関東学院大学では平成21年度より毎年開催して小中高校生に研究を紹介しています。

今回のプログラム「病気別の食事を考えた自分カルテ作り」は2014年より好評をいただいており今年で4回目を迎えます。永田教授の科研費による研究成果の一つである、小児がん治療中の子ども(小学生)の食生活を支援するプログラムをアレンジし、健康な子どもが風邪をひいたときに自分の体の状態にあった食事対策について考え、「セルフケア/セルフマネジメント:自分の体や生活を、いい状態にしようとすること」を体験することを目的としています。昨年度に続き看護学部の学生も加わり、クイズや実習などを通して小学生と一緒に消化と食事について学びました。

続き... | 残り1283バイト | コメントする

投稿者: kguramo 投稿日時: 2017-7-5 11:03:07 (149 ヒット)



平成29年度ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI
研究成果の社会還元・普及事業 「病気別の食事を考えた自分カルテ作り‐人形のおなかを見てさわってきいてみよう‐ 開催のお知らせ

ひらめき☆ときめきサイエンスとは研究機関で行っている最先端の科研費の研究成果について、小学校5・6年生、中学生、高校生の皆さんが、直に見る、聞く、ふれることで、科学のおもしろさを感じてもらうプログラムです。
関東学院大学では今年は看護学部 永田真弓教授による「病気別の食事を考えた自分カルテ作り'17‐人形のおなかを見てさわってきいてみよう‐」というプログラムで、消化器官や栄養と食事について学び、病気のときに何を食べればよいのか考えます。人形や聴診器をつかった実習、クイズを通してたのしく学び、最後に「自分カルテ」を作りましょう。


日時:8月7日(月) 10:00-15:30
対象:小学校5年生・6年生 24名(申込者多数の場合は抽選)
開催会場:関東学院大学 横浜・金沢八景キャンパスE6号館
申込方法:日本学術振興会ひらめき☆ときめきサイエンス 「病気別の食事を考えた自分カルテ作り’17:人形のおなかを見てさわってきいてみよう」参加申込 
      ↑こちらよりお申込ください。(7月14日まで)
お問い合わせ先:研究推進課 tel 045-786-2464
           e-mail kenkyu@kanto-gakuin.ac.jp

過年度の様子
 


投稿者: kguramo 投稿日時: 2017-6-9 14:22:53 (182 ヒット)

 6月6日(火)、大さん橋ホールにて開催された「第5回 ビジネスマッチング with かながわ8信金」(主催:神奈川県信用金庫協会・神奈川県下8信用金庫)に参加しました。
 当日の様子等につきましては、「産官学連携活動状況」に掲載しております。

「産官学連携活動状況」へ


投稿者: kguramo 投稿日時: 2017-5-23 15:13:00 (213 ヒット)

2016年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書を公開いたしました。
あわせて、動物実験の実施状況および実験動物の飼養保管状況についても公開いたしました。

下記URLの情報公開ページより、PDFファイルでご覧いただけます。。

情報公開ページへ


投稿者: kguramo 投稿日時: 2016-12-7 16:09:02 (522 ヒット)

  関東学院大学戦略的プロジェクト研究「廃棄物リサイクル(生活と産業、政策)に関する学際的研究」の研究成果報告会を、2016年11月29日(火)、金沢八景(室の木)キャンパスにて開催いたしました。
 当日の様子につきましては、下記リンク先をご覧ください。

 ⇒関東学院大学戦略的プロジェクト研究 研究成果報告会・公開シンポジウム


投稿者: kguramo 投稿日時: 2016-11-25 11:01:00 (518 ヒット)

 関東学院大学では、横浜市水道局との連携・協力に関する基本協定にもとづき、2013年度より、横浜市水道局の技術職員を対象とした研修に講師を派遣しています。
 今年度は、3件の研修会に本学教員を講師として派遣いたしました
 詳細につきましては、「産官学連携状況」をご覧ください。

産官学連携状況


投稿者: kguramo 投稿日時: 2016-11-1 15:16:49 (570 ヒット)

10月26日(水)〜28日(金)、神奈川県産業技術センターにて開催された「平成28年度 神奈川県ものづくり技術交流会」に出展いたしました。
当日の様子等につきましては、画面左のバナー「産官学連携活動」→「産官学連携状況」に掲載いたしました。

「産官学連携状況」へ


投稿者: kguramo 投稿日時: 2016-8-8 12:20:00 (763 ヒット)



8月4日(木)ひらめき☆ときめきサイエンス〜ようこそ大学の研究室へ〜KAKENHI「病気別の食事を考えた自分カルテ作り'16:人形のおなかを見てさわってきいてみよう」を開催しました。
このイベントは独立行政法人日本学術振興会からの委託で、科学研究費助成事業(科研費)の研究成果の社会還元・普及事業として、最新の研究成果を体験・実験・講演を通じて、小・中学生・高校生にわかりやすく紹介する事業です。関東学院大学では平成21年度より毎年開催して小中高校生に研究を紹介しています。

今回のプログラム「病気別の食事を考えた自分カルテ作り」は昨年、一昨年に続いて3回目を迎えます。永田教授の科研費による研究成果の一つである、小児がん治療中の子ども(小学生)の食生活を支援するプログラムをアレンジし、健康な子どもが風邪をひいたときに自分の体の状態にあった食事対策について考え、「セルフケア/セルフマネジメント:自分の体や生活を、いい状態にしようとすること」を体験することを目的としています。今年度は看護学部の学生も加わり、クイズや実習などを通して小学生と一緒に消化と食事について学びました。

続き... | 残り1351バイト | コメントする

投稿者: kguramo 投稿日時: 2016-6-22 14:46:58 (840 ヒット)

  関東学院大学戦略的プロジェクト研究「非水溶液溶媒を用いた新規めっき技術による機能材料の創生」の研究成果報告会として、2016年6月20日(月)、金沢八景キャンパスにて、「新しいめっき技術の創生と評価」と題した研究報告会を開催しました。
 当日の様子等につきましては、下記リンク先をご覧ください。

 ⇒「関東学院大学戦略的プロジェクト研究 研究成果報告会・公開シンポジウム等」へ


投稿者: kguramo 投稿日時: 2016-5-23 9:29:31 (899 ヒット)

2015年度 動物実験に関する自己点検・評価報告書を公開いたしました。
あわせて、動物実験の実施状況および実験動物の飼養保管状況についても公開いたしました。

下記URLの情報公開ページより、PDFファイルでご覧いただけます。。

情報公開ページへ


(1) 2 3 4 ... 11 »