学外助成情報

各省庁等公的機関による助成民間の助成機関による助成 その他(講演・セミナーなど) (2/16更新)
 ※ 上記リンク先へ移動する場合には右クリックして「開く」ボタンをクリックしてください。

終了した募集【2017年度】

応募について

外部資金や、助成金への応募するにあたり、関東学院大学による承認(e-Radによる機関承認、
大学長の押印が必要なもの)または採択後に本学と契約締結、研究経費の管理などを行うものに
ついては、応募する前に研究推進課 担当者 (内線:4637,4627,4636,4628)
メール:kenkyu@kanto-gakuin.ac.jp 宛にご連絡ください。

各省庁等公的機関による助成


 
 
掲載日

配分機関  

種別

課題名等

募集期間 要綱・問合せ先・URL等

 

民間の助成機関


 
 
掲載日

配分機関  

種別

課題名等

募集期間 要綱・問合せ先・URL等

NEW!

2018/2/14

(公財)大川情報通信基金 研究助成

(公財)大川情報通信基金 2018年度研究助成の募集
【助成対象者】日本国内の情報・通信分野に関連する研究機関、教育機関に所属する研究者
【助成金額】1件あたり100万円

2018年5月11日(金) 詳しくはこちらをご参照下さい。

NEW!

2018/2/14
(公財)ひと・健康・未来研究財団 研究助成

(公財)ひと・健康・未来研究財団 2018年度研究助成公募
「ひとの健やかでこころ豊かな未来を実現するために、健全な食生活と予防医学に重点をおいた研究、さらに自然との共生を基本に、こころの健康をめざした研究を振興し、もって国民の健康増進と生活の質の向上に寄与する」ことをめざす研究に対する助成をおこないます。
【公募テーマ】食品、環境、医学、福祉の研究のうち上記の目的にかなうテーマ
【研究助成金】1件につき20万円〜100万円

2018年4月1日〜2018年4月30日 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/30 北海道大学情報基盤センター 共同研究

北海道大学 平成30年度北海道大学情報基盤センター萌芽型共同研究の公募   ※院生対象の募集あり
【公募事項】A)計算資源利用型(JHPCN萌芽型共同研究)
         B) 研究集会開催支援型
【応募資格】研究代表者は研究機関における常勤の研究者、またはこれに準ずる民間等の研究者。研究分担者は国内外の大学・研究機関等における研究者、大学院の学生、平成30年4月から大学院に進学することが確定している学生

平成30年3月1日(木)〜4月6日(金) 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/25 (一財)知的財産研究教育財産 派遣研究者募集 

(一財)知的財産研究教育財産 平成30年度産業財産権制度の派遣研究者募集 ※院生対象の募集あり
特許庁の委託を受けた「産業財産権制度調和に係る共同研究調査事業」の一環として、産業財産制度に関する調査・共同研究を行う、派遣研究者を募集します。
【応募資格】平成30年4月1日現在、博士課程修了者若しくは在籍者又はこれと同等以上の実績を有する者。ただし、「博士課程修了者若しくは在籍者」のいずれにも該当しない場合、産業財産権に関する学生等の教育・指導実績を有する者。
【勤務地】外国の研究機関
【派遣期間】短期:1〜3ヶ月 2名程度
      長期:4〜6ヶ月 1名程度
【研究テーマ】産業財産制度に関し、主に日本を含む複数国間において制度調和が中期的に必要となる課題に関するもの

平成30年3月7日(水)    事前登録2月28日(水) 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/19 金沢大学環日本海域環境研究センター  共同研究・研究集会 

金沢大学環日本海域環境研究センター 平成30年度共同研究・研究集会公募
【公募研究課題】環日本海域に関連する基礎的研究、応用的研究及び学術集会・シンポジウム等の研究集会
 (1)重点共同研究(1,000千円以内/年×1年又は2年)
 (2)一般共同研究(300千円以内/件)
 (3)若手研究者育成共同研究(300千円以内/件)
 (4)研究集会(600千円以内/件)
【研究期間】平成30年4月1日〜平成31年3月31日

平成30年3月9日(金) 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/19 (公財)中山隼雄科学技術文化財団  国際交流助成

(公財)中山隼雄科学技術文化財団 国際交流助成募集のご案内 ※院生対象の募集あり
【助成対象】国際交流 ゲームに関する国際会議へ参加する研究者
【助成額】総額70万円以内
【参加期間】平成30年6月1日〜平成30年11月30日の半年間
【応募資格】研究機関等に所属する研究者。大学院後期博士課程在籍者及び内定者を含みます。但し指導教官・教員の推薦が必要です。

平成30年4月15日(日) 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/17 (公財)NEC    C&C財団 論文発表者助成

(公財)NEC C&C財団 2018年度前期国際会議論文発表者助成のお知らせ ※院生対象の募集あり
【発表論文(研究テーマ)の内容】
 情報処理技術、通信技術、電子デバイス技術及びこれらの技術の融合した技術分野
【助成候補者の資格】国際会議参加時に日本の大学及びこれに準ずる教育機関に在籍している大学院生(原則として40歳以下とする)

2018年2月28日(水)郵送必着 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/17 (公財)永守財団 研究助成

(公財)永守財団 2018研究助成募集のご案内
【対象分野】モータ、アクチュエータ、発電機およびそれらの制御方法、その応用技術等に関連する技術分野
【助成金額】100万円/件 2018年10月から2019年9月末日(1年間)
【申請期間】平成2018年2月13日(火)〜5月15日(火)

5月15日(火) 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/12 米国社会科学研究評議会 個人研究プロジェクト公募

米国社会科学研究評議会 安部フェローシップ・プログラム
                             個人研究プロジェクト公募
対象となるのは以下の4つのテーマおよび課題例の1つ以上を扱う社会科学および関連分野の個人研究プロジェクトです。
仝朕・社会・国際的な安全保障に対する脅威
∪長と持続的な発展
社会・科学・文化のトレンドと変容
ぅバナンス、エンパワーメントと市民参加

毎年9月1日 詳しくはこちらをご参照下さい。
 

その他 セミナーなど

掲載日

配分機関  

種別

課題名等

募集期間 要綱・問合せ先・URL等
NEW!2018/2/16 (地独)神奈川県立産業技術総合研究所KISTEC 報告会 

(地独)神奈川県立産業技術総合研究所KISTEC 文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム 神奈川国際ライフサイエンス実用化開発拠点 終了報告会開催のお知らせ
神奈川県立産業技術総合研究所(KISTEC)、神奈川県と県内10機関は、平成25年8月より「改新的計測・評価技術によるライフイノベーション創生―レギュラトリーサイエンス推進拠点の形成―」をテーマに文部科学省の「地域イノベーション戦略支援プログラム事業」を推進して参りました。当該事業の最終年度にあたり終了報告会を開催いたします。
【会場】KSPホール(川崎市高津区)

2018年2月27日(火)13:30〜17:15 詳しくはこちらをご参照下さい。
NEW!2018/2/9 東京農業大学総合研究所 成果報告会

東京農業大学総合研究所 革新的技術研究成果報告会
「学部長主導型研究プロジェクト」、「大学院先導的実学研究プロジェクト」で採択された研究の成果をわかりやすく公開し、本学の「革新的技術研究」の一端を知っていただく機会として成果報告会を開催します。
【日時】平成30年3月9日(金)
【場所】丸ビルホール&コンファレンススクエア

平成30年3月9日(金) 詳しくはこちらをご参照下さい。
NEW!2018/2/7 慶應義塾医学振興基金 推薦募集

慶應義塾医学振興基金 第23回慶應医学賞候補者推薦募集
【対象分野】基礎医学・臨床医学ならびに医学に密接に関連した生命科学の諸領域
【贈賞人数および副賞】2名、1賞につき副賞として1000万円とメダルを授与
【推薦方法】1)個人からの推薦の場合、1推薦者につき1件までとする。
2)1機関、団体からの推薦件数に原則として制限はない。
3)上記2)の場合においても、原則として1研究テーマにつき1名の推薦。

2018年3月7日(水) 詳しくはこちらをご参照下さい。
NEW!2018/2/7 金沢工業大学  シンポジウム

金沢工業大学 シンポジウム「科学技術者倫理研究への期待と金沢工業大学の社会的使命」

「これからの科学技術者倫理研究〜社会が必要とする課題への取組み〜」が文部科学省 平成29年度私立大学研究ブランディング事業に選定されました。本事業の目的や活動内容、本学が狙う研究ブランディングイメージの浸透を目的としたシンポジウムを開催いたします。

【開催日】2018227日(火)13時〜17

【会場】金沢工業大学 (石川県野々市市)

2018227 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/2/1 日本学術振興会 シンポジウム

日本学術振興会 公開シンポジウム「ノーベル・プライズ・ダイアログ東京2018」
ノーベル・プライズ・ダイアログは、世界各国からノーベル賞受賞者を含む著名な研究者や有識者が一堂に会し、社会にとって重要な問題を語り合う、参加費無料の公開シンポジウムです。
【テーマ】「The Future of Food 持続可能な食の未来へ」
【登壇予定のノーベル賞受賞者】大隅 良典 他3名
【日時】平成30年3月11日(日) 【言語】英語(日英同時通訳付)
【場所】パシフィコ横浜 【参加費】無料

定員になり次第終了 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/2/1 川崎市環境局 共同研究事業

川崎市環境局『環境技術産学公民連携共同研究事業』の募集
 〜川崎市で環境技術の研究・開発をしませんか? 〜
環境技術を通じて市内の環境改善、環境技術、環境研究の市内集積につながるもの、川崎発の環境技術開発・環境関連研究を促進するものが対象となります。
【募集期間】平成30年2月1日(木)から平成30年2月28日(水)まで
※2月15日(木)までに業者登録申請を済ませてください。

2月28日(水) 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/31 神奈川県立産業技術総合研究所 シンポジウム参加者募集

神奈川県立産業技術総合研究所 『未来医療ロボット技術シンポジウム』開催〜神奈川県「さがみロボット産業特区」×Tonomachiリサーチコンプレックス推進プログラム〜
KISTEC「力を感じる医療・福祉介護次世代ロボットプロジェクト」の成果・取り組み紹介のほか、医療ロボットに関する技術シーズ・ニーズ紹介や関連企業によるパネル展示等を行い、幅広い企業等を対象に『未来医療ロボット技術シンポジウム』を開催いたします。

【日時】平成30年3月2 日(金) 13:00〜17:00
【会場】かながわサイエンスパーク(KSP)

平成30年2月26日(月) 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/30 総務省関東総合通信局 体験型カリキュラム 参加者募集

総務省関東総合通信局「Web×IoT メイカーズチャレンジ2017in 横須賀」 参加者募集       ≪学生にご周知ください≫
イベントではステップ1として「ハンズオン講習会」の受講、ステップ2として、チームを組んで実際にデバイス製作に挑戦いただく「ハッカソン」、この二本立てのIoT体験型カリキュラムとなっています。

【日程】全日程の参加が必須となります。
    ハンズオン講習会 平成30年2月24日(土)から25日(日)
    ハッカソン 平成30年3月3日(土)から4日
【会場】2月24日(土)横須賀リサーチパークYRPセンター1番館
    2月25日(日)横須賀市産業交流プラザ
    3月3、4日 横須賀市産業交流プラザ      【参加費】無料

定員50名になり次第 詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/12 神奈川県 政策提案募集

神奈川県政策研究・大学連携センター 大学発・政策提案制度のお知らせ
大学からの研究成果を活用した、県政に関わる政策の提案を募集。公開コンペ方式の審査により選出・採択します。
【応募受付】4月2日(月)〜5月15日(火)
【説明会】2月22日(木)、2月27日(火)

4月2日(月)〜5月15日(火)
詳しくはこちらをご参照下さい。
2018/1/12 日本学術振興会

日本学術振興会 平成30年度若手研究者ワークショップ(ブラジル)【申請受付期間】平成30年3月9日(金)〜3月13日(火)
【募集分野】人文学、社会科学及び自然科学の全分野

3月13日(火) 詳しくはこちらをご参照下さい。
2017/12/20 (公財)日本税務研究センター 論文募集

(公財)日本税務研究センター 第41回日税研究賞―論文・著書募集
【論文等の範囲】租税法、租税制度、租税論、税務行政、税理士制度及び税務会計に関するもの(テーマは自由)
【賞金等】入選10万円〜最優秀150万円

平成30年2月1日(木)から同年3月31日(土) 詳しくはこちらをご参照下さい。
2017/12/19 文部科学省 海外留学

文部科学省 官民協働海外留学創出プロジェクト『トビタテ!留学JAPAN』           ***学生に周知ください***
意欲と能力ある全ての日本の若者の、海外留学を支援する国家プロジェクトを象徴するプログラムです。2020年までに10000人の海外留学生を送り出すことを目指しています。民間企業210社から計116.8億円のご寄付をいただき、これまでに4363名の留学生を輩出しています。
○日本代表プログラム 大学全国コース・大学オープンコース
【留学開始期間】平成30年8月11日(土)〜平成31年3月31日(日)
【申請大学等から機構への提出期間】平成29年12月7日(木)〜平成30年3月2日(金)
○未来テクノロジー枠 
【支援対象】30歳以下の大学・大学院生(高専、博士課程含)
【募集期間】2017年12月〜2018年3月

詳しくはこちらをご参照下さい。
2017/9/21

国立情報学研究所

無料オンライン講座 

国立情報学研究所 無料オンライン講座「オープンサイエンス時代の研究データ管理」今秋開講 〜受講登録受付開始のお知らせ〜
2017年11月15日開講
【目的】・学習者が研究データ管理(RDM: Research Data Management)に関する基礎的な知識を習得する。
・各機関におけるRDMサービス構築の足がかりを得る
【受講対象者】図書館、IT部門、研究支援部門の職員(URA)等
 オープンサイエンスや研究データ管理に関心のある教職員

講座ページ