平成30年度 科研費応募の流れ 

前年度からの変更点

  •  審査区分および審査方式が変更されました。必ずご自身の課題の審査区分を確認してください。
  •  若手研究の応募要件が変更されました。(平成30年4月1日現在で博士の学位を取得後8年未満の研究者 *なお3年程度の経過措置として平成30年4月1日現在で39歳以下の博士の学位を未取得の研究者が1人で行う研究計画も対象とする。)
  •  若手研究(A)を基盤研究に統合し、若手研究(A)の公募は停止されました。
  •  前年度よりweb記入項目および添付ファイル項目の様式が大幅に変更されました。
  •   基盤研究(B・C)(応募区分「特設分野研究」)については、新規分野の設定を停止し、平成28年度と平成29年度に設定した6分野の公募を行うことになりました。
  • 挑戦的研究(開拓・萌芽)の枠組みの下、「科学研究助成事業 審査区分表」とは別に、あらたに「特設審査領域」を設けることになりました。
  • 従前、基盤研究(A・B)で公募を行っていた「海外学術調査」は、研究対象の見直しや学術研究助成基金助成金による助成を行うなどの改善を図ることとしており、文部科学省の平成30年度予算概算要求事項となっております。そのため、新規応募研究課題の公募を停止し、平成30年度政府予算案決定後、改善を図った内容により、平成30年政府予算案決定後、改善を図った内容により平成30年1月以降に公募を実施する予定です。

 

平成30年度科学研究費助成事業(科研費)応募の流れ(9月1日公募開始)

    学内スケジュール等

    応募資格の確認、e-Radの研究者番号の登録、ID・パスワードの付与

    応募に必要なe-Rad(府省共通研究開発管理システム)への研究者番号の登録とID・パスワードの付与を行います。手続きに少々時間がかかりますので、お早めに研究支援担当までご連絡ください。

    なお、一度付与された研究者番号、ID・パスワードについては研究機関を異動しても使用可能です。すでに取得されている方はその旨ご連絡ください。

    研究推進課に連絡

    kenkyu@kanto-gakuin.ac.jp 

    (1) 「公募要領」「添付ファイル項目」様式、記入要領のダウンロード  

    「公募要領」・「添付ファイル項目」様式・記入要領等(日本学術振興会HPのリンク)  

     公募要領(PDF)(特別推進研究、基盤研究(S・A・B・C)、挑戦的研究(開拓・萌芽)、若手研究)*クリックすると別ウィンドウで表示されます。応募される方は必ずご一読ください

    研究代表者は、研究組織を構成する場合(計画に研究分担者が参加する場合)には、研究分担者承諾書を必ず徴し、保管してください。(同一機関に所属する研究者を研究分担者にする場合も分担者承諾書は必要です。
    また、研究分担者承諾書の写しを10月18日(水)までに研究推進課へご提出ください。
     

    *分担者承諾書の様式は必ず最新の様式を使用してください。

    科研費申請システム 操作手引き(応募者用 簡易版)(PDF)

    科研費申請システム 操作手引き(応募者用 詳細版)(PDF)

     

    科学研究費助成事業「審査区分表」(PDF)

     

    (2)研究計画調書を作成し、科研費電子申請システムで送信(9月中旬から入力開始)

    研究計画調書には「Web入力項目」と「添付ファイル項目」(ワード作成部分)とがあります。

    研究計画調書の添付ファイル項目を作成
    各研究種目ごとの「研究計画調書作成・記入要領」を必ず確認した上で、研究計画調書の添付ファイル項目(Word形式)を作成します。

    科研費電子申請システムへログイン
      http://www-shinsei.jsps.go.jp/kaken/index.html
    e-RadのID・パスワードで電子申請システムにログインします。ID・パスワードが不明な方は研究推進課までお問い合わせください。

    研究計画調書の前半部分をweb上で入力し、,塙腓錣擦徳信
    「応募情報(Web入力項目)作成・入力要領」を必ず確認のうえ、研究計画調書のweb入力項目を「応募情報入力」画面から入力し、保存された研究計画調書のワード作成部分 (=添付ファイル項目、Word又はPDF)を選択して送信します。

    web入力項目画面イメージ 基盤(B)(C)(PDF)  

    送信した内容に不備がないか確認し、確認を完了すると、応募者の所属研究機関が研究計画調書の応募内容を確認・承認できるようになります。

    学内提出期限

    第1回 10月4日(水)     →「採択経験者による応募書類のチェック」「研究推進課との対面形式での相談」を希望される場合


    第2回 10月11日(水)
    →募集要項の要件に基づく記載内容の確認を希望される場合

    第3回 10月18日(水)
    →最低限の確認のみ希望される場合、または確認不要の方

    研究成果公開促進費に応募予定の方は9月22日(金)までにご連絡ください。               

    機関・部局・職番号等コード一覧

     

    (※この時点ではまだ応募は完了していません!)

    研究支援担当による応募情報・応募内容ファイルの最終チェック

    必要に応じて、研究計画調書の修正・再提出((2)の作業)をお願いします。

    電子申請システム上に提出された研究計画調書は、応募者本人以外が修正することができません。

    修正が必要な場合は、修正が可能な状態にデータを戻します(却下します)ので、ご自身で修正をお願いします。

    10月末まで

    研究支援担当から連絡をすることがあります。出張などで長期間ご不在の予定がある場合は、事前にご連絡ください。

    (以下、所属研究機関が行う作業になります)

    研究計画調書の承認

    応募者(研究者)の所属研究機関担当者によって研究計画調書の応募内容が承認されない限り、研究計画調書は日本学術振興会に受理されません。

    科研費申請システムにて応募書類提出(日本学術振興会提出期限:11月8日(水)16:30まで

    内定通知(2018年4月1日)

    (応募区分「特設分野研究」、挑戦的研究(開拓・萌芽)の内定通知は2018年7月中旬予定)

    【担当・お問い合わせ先】                                                              研究推進課(受付時間:平日9:00〜16:00)                                                Tel:045-786-2464(内線61-4627,4628,4636) E-mail: kenkyu@kanto-gakuin.ac.jp