科学研究費助成事業 獲得状況


平成29年度採択件数 56件

【基盤研究(B) 1件】
一人又は複数の研究者が共同して行う独創的・先駆的な研究(期間3〜5年間)
応募総額500万円以上2,000万円以下
所属名 職名 研究代表者名 研究課題名 平成29年度
交付予定額
※単位千円
研究期間
(年度)
経済学部 教授 林 博史 日本軍「慰安婦」制度と米軍の性売買政策・性暴力の比較研究 1,700 2014〜2017


【基盤研究(C) 44件】
一人又は複数の研究者が共同して行う独創的・先駆的な研究(期間3〜5年間)
応募総額500万円以下
所属名 職名 研究代表者名 研究課題名 平成29年度
交付予定額
※単位千円
研究期間
(年度)
国際文化学部 客員教授 樋口 良澄 1960年代の前衛演劇の身体表象に関する研究基盤の構築 800 2017〜2019
国際文化学部 教授 吉田 広毅 反転学習に対する自己効力感の相違に応じたブレンディッド・ファシリテーションの研究 1,200 2016〜2018
社会学部 教授 湯浅 陽一 地方財政における自律的な持続可能性の創出を探究する比較社会学研究 1,200 2014〜2017
社会学部 准教授 菅野 恵美 墓葬装飾からみた漢代黄河下流域における地域形成解明へのアプローチ 1,100 2016〜2018
社会学部 教授 副田 あけみ 高齢者虐待の予防と対応におけるチームワーク 600 2015〜2019
社会学部 教授 澁谷 昌史 学校を基盤とした児童虐待予防モデルの開発的研究 800 2017〜2019
法学部 教授 熊澤 孝昭 英語読解診断テストの開発と妥当性の評価について 1,000 2016〜2018
法学部 教授 大鐘 敦子 フローベール生成研究ー初期作品群におけるファム・ファタル 1,100 2017〜2019
経済学部 講師 神野 真敏 中長期的影響を考慮した移民受け入れの厚生分析 500 2013〜2019
経済学部 教授 中泉 拓也 金銭的、非金銭的インセンティブの相互作用と情報提供・経済行動の学際研究 600 2015〜2017
経済学部 准教授 石井 穣 ジョン・バートンの時論分析と政策論の総合的考察 500 2016〜2018
経済学部 教授 吉田 千鶴 夫と妻の時間配分と子供の関係と家族政策 1,300 2016〜2018
経済学部 准教授 佐藤 志乃 脱コモディティ化の消費者知識:有向ネットワーク分析とメタファー分析による戦略提案 550 2015〜2019
経済学部 教授 細谷 実 新自由主義・新保守主義下でのジェンダー再編の理論整理および日英韓比較研究 1,600 2015〜2017
経営学部 教授 大東和 武司 地域企業の変容・進化と国際展開に関わる研究:ルーティンとイノベーションの関与 1,000 2017〜2019
経済経営
研究所
研究員 谷 俊子 ケアの倫理に基づいた「多様な正社員」の研究 500 2015〜2017
理工学部 教授 山田 泰一 軽い核におけるクラスターガス的状態の構造研究 900 2014〜2017
理工学部 教授 水井 潔 安全運転支援のための可視光ブーメラン方式の試作研究 1,000 2015〜2017
理工学部 教授 簔 弘幸 人工内耳での電気刺激波形の最適設計 900 2015〜2017
理工学部 准教授 清水 由巳 廃ゴム分解微生物のスクリーニングおよび分解メカニズムの解明 1,200 2016〜2018
理工学部 准教授 永長 知孝 スマートフォンによる二輪車を含む安全運転支援システムの構築に関する研究 1,000 2016〜2018
理工学部 教授 中野 幸夫 スマートメーターを活用した見守り・熱中症予防システムの開発 2,200 2016〜2018
理工学部 講師 宮永 宜典 ホップ分岐現象を考慮した気体潤滑軸受の設計法に関する研究 2,000 2017〜2019
理工学部 教授 出雲 淳一 連続繊維ロープによるRC部材の機能回復を目指した補強方法の提案 1,000 2016〜2018
建築・環境学部 教授 黒田 泰介 石造ドーム住居「トゥルッリ」のレスタウロ:再生・利活用に関する実践的研究 900 2015〜2017
建築・環境学部 教授 古賀 紀江 高齢期リロケーションにおける前住居の「仕舞い」のプロセスと新環境への順化 1,100 2016〜2018
人間共生学部 教授 神野 由紀 近代日本の手作りとジェンダー −大量生産の時代における趣味のジェンダー化− 700 2015〜2017
人間共生学部 准教授 折田 明子 ソーシャルメディアにおける死者のデータとプライバシーの再検討 1,500 2016〜2018
人間共生学部 准教授 石井 充 新規サービスが飽和市場のシェア変動に与える影響の分析 500 2017〜2019
教育学部 准教授 黒田 篤志 理科授業に関わる小学校教員のためのスーパービジョンシステムの開発 700 2014〜2018
教育学部 准教授 横浜 勇樹 中華圏における福祉NGOの事業展開に関する比較研究 1,100 2015〜2017
教育学部 教授 小原 豊 アクティブラーニングによる算数数学協同学習の実質化を担う教員養成プログラム開発 700 2016〜2019
栄養学部 准教授 細山田 洋子 サービス付き高齢者向け住宅入居者の栄養状態の実態把握と栄養支援効果の検討 600 2015〜2017
栄養学部 教授 山田 哲雄 メタボリックおよびロコモティブシンドロームに対する食事・運動療法に関する研究 0 2015〜2017
看護学部 教授 高島 尚美 本邦のICUにおける緩和ケア導入の検討とケアモデル開発 700 2015〜2018
看護学部 准教授 若林 律子 慢性閉塞性肺疾患患者の包括的セルフマネジメント教育プログラムの構築と検証 1,000 2016〜2018
看護学部 教授 坂梨 薫 育児不安トリアージ尺度の開発−妊娠初期妊婦を対象にした育児不安予備軍の抽出− 1,600 2016〜2018
看護学部 教授 永田 真弓 がん治療中の子どもへの社会リハビリテーションに関するケアモデルの開発 1,300 2016〜2018
看護学部 准教授 内山 繁樹 地域で生活する精神障害者とその家族のリカバリーを支える心理教育プログラムの開発 1,000 2016〜2018
看護学部 教授 深谷 安子 高齢者のタイプIIコミュニケーションにおける近赤外線分光法による脳の活動性の検討 1,400 2017〜2019
看護学部 教授 木下 里美
(高野里美)
オンコロジーエマージェンシーで受診する患者と家族への支援モデルの構築 800 2017〜2020
看護学部 教授 青木 由美恵 高齢者や認知症の家族をケアする子ども・若者の発見・支援のためのプログラムの開発 1,100 2017〜2019
法務研究科 教授 村田 輝夫 農業分野における動産・債権担保融資の現代的課題−畜産業を中心として− 200 2015〜2017
総合研究推進機構 准教授 田代 雄彦 ファインバブルと低濃度オゾン水を融合した環境に優しいプラスチック改質法の研究 1,400 2016〜2018


【若手研究(B) 6件】
若手研究者(研究開始年度の4月1日現在において39歳以下)が一人で行う研究(期間2〜4年間)
応募総額500万円以下
所属名 職名 研究代表者名 研究課題名 平成29年度
交付予定額
※単位千円
研究期間
(年度)
経済学部 講師 齋藤 仁 台風・温帯低気圧による豪雨頻度と土砂生産量との関係、および地球温暖化の影響の評価 800 2015〜2017
経済学部 講師 青柳 健隆 顧問教員の運動部活動指導・運営力向上のためのプログラム開発 700 2016〜2018
建築・環境学部 准教授 遠藤 智行 パッシブ建築物の自然換気効果予測のための研究 1,100 2015〜2017
看護学部 助教 水野 祥子 院内助産システムにおける助産ケアの質的評価に関する研究 100 2015〜2017
看護学部 助教 馬場 薫 専門看護師の役割機能獲得の過程とキャリア発達に関する縦断研究 700 2015〜2018
看護学部 助教 藤井千里 訪問看護ステーション管理者の教育プログラムの開発 500 2016〜2018


【挑戦的萌芽研究 4件】
一人又は複数の研究者で組織する研究計画であって独創的な発想に基づく、挑戦的で高い目標設定を掲げた芽生え期の研究
(期間1〜3年間、応募総額500万円以下)
所属名 職名 研究代表者名 研究課題名 平成29年度
交付予定額
※単位千円
研究期間
(年度)
理工学部 助教 新家 弘也 貯蔵脂質と貯蔵多糖合成の代謝スイッチングの仕組み 1,600 2016〜2018
理工学部 講師 友野 和哲 不織布型CNTを基材とする廃SiからのLiイオン電池用Si系負極活物質の創製 800 2016〜2018
看護学部 助手 清水 裕子 在宅小児と家族への発達段階に応じた医療・福祉・療育支援の連携課題に関する研究 400 2015〜2017
看護学部 准教授 勝川 由美 妊婦による周産期医療施設の機能分化促進モデル設計研究−出産情報システムの開発− 400 2015〜2017


【挑戦的研究(萌芽) 1件】
一人又は複数の研究者で組織する研究計画であって、これまでの学術の体系や方向を大きく変革・転換させることを志向し、飛躍的に発展する潜在性を有する研究。探索的性質の強い、あるいは芽生え期の研究も対象とする。(期間2〜3年間、応募総額500万円以下)
所属名 職名 研究代表者名 研究課題名 平成29年度
交付予定額
※単位千円
研究期間
(年度)
経営学部 講師 田林 雄 小型水中ロボットと写真測量を用いた水中3D地図作成技術の確立 3,700 2017〜2018